卓上型サーバーのデメリット

テーブルに置けないと新たな設置場所を確保しなければならない

卓上型ウォーターサーバーは家の中でスペースをそれほど取らずに設置できる利便性の高いものとして重宝する家庭が多いですが、デメリットも存在します。理解して使用することで、より機能を生かすことができるでしょう。省スペースで済むとされている卓上型ウォーターサーバーですが、幅と奥行きが30センチメートルほど、高さ30から40センチメートルほど必要となるため、設置場所にある程度のスペースが必要となります。テーブルの上に置くと食事の時に邪魔になるなどのデメリットが発生する可能性が高い為、設置スペースがない場合、新たな棚などを購入することが必要です。購入して設置するスペースがない場合、事前に家の中を整理しておくスペースを確保しなければなりません。

バランスを崩すと子供やペットに危険が及ぶ

設置場所以外のデメリットとしては、床置きタイプよりも水を出す位置が高い為、小さい子供が1人で利用するのは難しくなります。椅子の上に立つとバランスを崩して危ないと感じる場合、大人が付き添っていなければなりません。また、ボトル交換時にもバランスが上の位置になるため、子供やペットが周囲にいるときに作業できなくなります。子供やペットのいる家庭ではけがをしないよう、動向に気を配って使うことが必要です。ペットを飼っていない一人暮らしや夫婦2人だけの暮らしという場合には、卓上型ウォーターサーバーの利便性は高いと考えられます。とはいえ、毎月5千円程度の費用が掛かる為、経済的な負担と感じるかどうかはその人次第です。

宅配水とは、重たい飲料水を買う手間を省くため、必要に応じた量を自宅まで配達してくれるという便利なサービスです。